FC2ブログ
2012-08-25

北方領土とは?

昨今、竹島、尖閣諸島の領土問題が騒がれている。詳しい経緯はみなさんもご存知の通りであると思う。竹島も尖閣諸島も日本の固有の領土であるから、領土問題は存在しない訳であるが、現に領土紛争が発生している。
今回の韓国大統領の竹島上陸、尖閣諸島の香港活動家の上陸の背景については、割愛するが、この二つの行動は、先に7月に北方領土へのロシア大統領の上陸と連動しているのである。この上陸に対する日本政府の対応を支那、韓国は考察し行動に移しているのである。
北方領土
今回は、この竹島、尖閣諸島の領土紛争についてではなく、北方領土問題について、考えてみたいと思う。
俗に、北方領土とは北方四島であると考えている人がほとんどであると思うが、これが大きな錯誤である。
かつて我が国の北方領土と言えば、四島は勿論の事、千島列島及び南樺太を言った。
大東亜戦争で敗れた日本は、サンフランシスコ講和条約でこの千島列島、南樺太を放棄することに調印させられた。しかし、現在実行支配しているロシアはこのサンフランシスコ条約には参加及び調印をしておらず、国際法に照らして、千島列島、南樺太は帰属先未定となっているのである。(実は台湾についても同等の解釈がなされているが、今回は触れない)
千島列島、南樺太は日露戦争後のポーツマツ条約で合法的に獲得した日本の領土である。そのポーツマツ条約は未だ有効であるのが、国際法上の理解である。
北方領土問題でロシアと交渉する上で政府にどうしても考えてほしいことは、上記で述べた歴史的事実である。交渉というのは、結局お互いの利害であるから、お互いの要求に対して、半分になることが常識である。北方領土の返還はこの四島と千島列島、南樺太の全部を要求し、交渉上、妥協を入れた上で、四島だけは譲れないという交渉になる訳で、はじめて四島が帰って来るのである。それを最初から四島要求と言っておれば、二島しか帰ってこないのである。
日本は国際社会に参加して以来、なんら国際法に違反した事もなく、堂々とこの歴史的事実を主張し交渉すべきである。
北方領土はロシアに不当に侵略された訳であるが、これは終戦間近の昭和20年8月9日に一方的に日露中立条約を破棄し、千島列島、南樺太(満州。朝鮮)に侵略したのである。そして8月15日に終戦となる訳であるが、その後も侵攻を続け、千島列島、南樺太及び四島を占領したのである。どのような考え、法律に照らしてもこれは完全に不法、国際法違反であることは論を待たない。しかしこれ以前、ヤルタ会談において、アメリカ、イギリス、ロシアが不当な密約を交わした結果であって、法よりも強者の理論によってなされたのである。これは彼らの都合だけであり、彼らの理論が正当であると、強者が正義であるという身勝手な考えでしかないのである。しかし当時、日本はこの強者(武力)によって屈したのである。強いものが正義であるか?勝者が正しいのか?今一度、我々は考えなければならない。
日本は国際社会において、何ら後ろめたい事は今まで一つもないのだと私は断言したい。

重ねて申し上げるが、北方領土とは、北方四島ならず、千島列島、南樺太を含めたものであるのである。

H24/8/25 実吉
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

黎明教育者連盟

Author:黎明教育者連盟
黎明(れいめい)教育者連盟は皇室を敬い、伝統文化を守り、戦後の誤れる教育を正し、­日本の再興を子供の教育から目指す教育団体です。
小学生向けの「寺子屋」や、親子参加型の「親子寺子屋」「乳幼児寺子屋」などを中心に、絵画­教室、書道教室、礼法教室、着物教室、歴史講座、古事記勉強会、童謡・唱歌わらべ歌の­­­会、子育て相談などを運営しています。現代の興廃した教育環境の中で、自分の子供­にはどんな教育をしたらいいか、お悩みではありませんか。日本人として誇りの持てる人­生­を­お子様には歩んでほしいものです。どなたでも参加出来ます。ぜひお気軽にお問­い合わせ下さい。
http://reimei-kyoren.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ