FC2ブログ
2013-04-10

占領法規にすぎない憲法



「占領法規にすぎない憲法」という記事が4月9日の産経新聞にありました。主権が回復する前に、なぜ日本は憲法を制定してしまったのか。「占領法規」にすぎないという現実こそ、もっと見据えるべきだろう、と、ありました。28日の主権回復の日に、日本が受けた屈辱がいまだに続いていることを考えるべきだと言われています。同じような状況下で、ドイツは「基本法」を作ったそうです。再び米国の脅威にならないようにと、日本弱体化を盛り込んだ現法憲法をいまだに後生大事にかかえていては侮りを受けるのが当たり前と言われています。それだからこそ中国、韓国、北朝鮮などなどの脅威にさらされているのに手も足も出せずにいます。今こそ本来の明治憲法を復元し、時代に合わない部分は改正して日本人のための立派な憲法で日本の國を守っていきたいものです。
H25.4.10加納
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

黎明教育者連盟

Author:黎明教育者連盟
黎明(れいめい)教育者連盟は皇室を敬い、伝統文化を守り、戦後の誤れる教育を正し、­日本の再興を子供の教育から目指す教育団体です。
小学生向けの「寺子屋」や、親子参加型の「親子寺子屋」「乳幼児寺子屋」などを中心に、絵画­教室、書道教室、礼法教室、着物教室、歴史講座、古事記勉強会、童謡・唱歌わらべ歌の­­­会、子育て相談などを運営しています。現代の興廃した教育環境の中で、自分の子供­にはどんな教育をしたらいいか、お悩みではありませんか。日本人として誇りの持てる人­生­を­お子様には歩んでほしいものです。どなたでも参加出来ます。ぜひお気軽にお問­い合わせ下さい。
http://reimei-kyoren.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ