FC2ブログ
2013-03-01

祖母から聞いた話



 明治生まれの私の祖母は神職の奥さんですが、紺屋の仕事もしていたので,切り盛りにそれは大変でした。それでも、人のためには、自分のことより、至極早急に行動していました。
ある時女中が竈の前で、乞食が赤ん坊を産んだ話をしているのを聞いた祖母は早速に、女中を連れて産着を持って、葦とすすきをかき分けながら、乞食の掘立小屋を訪ねました。
小屋の中から、笑声が聞こえます。そっと覗いてみると、夫婦は赤ちゃんを産湯に入れていました。何と土を掘って、そこに、油紙を敷いて水を入れ、水で産湯をつかわせていたのです。お祖母ちゃんは驚いて
「お湯を持ってこようか」と言うと、父親が
「この子は産湯は水だと思えばよいのであって、別に、お湯でなくてもよい」と言ったそうです。
もちろんその子は逞しく育ったそうです。
今は日本には物乞いをする乞食はいなくなりました。政府が収入のない人に、十分生活できるほどの生活保護金を与えるからでしょう。そのために、人は過保護にされ、自分の力で生きる知恵を失って、ひ弱になっているのではと思います。少々のことでは挫けない強い精神力を培って、自分の力で逞しく生きることが、幸せだとだと思うのですが。

H25.3.1 河合
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

黎明教育者連盟

Author:黎明教育者連盟
黎明(れいめい)教育者連盟は皇室を敬い、伝統文化を守り、戦後の誤れる教育を正し、­日本の再興を子供の教育から目指す教育団体です。
小学生向けの「寺子屋」や、親子参加型の「親子寺子屋」「乳幼児寺子屋」などを中心に、絵画­教室、書道教室、礼法教室、着物教室、歴史講座、古事記勉強会、童謡・唱歌わらべ歌の­­­会、子育て相談などを運営しています。現代の興廃した教育環境の中で、自分の子供­にはどんな教育をしたらいいか、お悩みではありませんか。日本人として誇りの持てる人­生­を­お子様には歩んでほしいものです。どなたでも参加出来ます。ぜひお気軽にお問­い合わせ下さい。
http://reimei-kyoren.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ