2012-04-20

東京都が尖閣諸島購入 石原知事が明言「日本人が日本の国土を守る」




http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120417/plc12041704580005-n1.htm


いやぁ、またもや、胸のすくようなニュースが飛び込んできて、30cmくらい飛び上がった!
尖閣諸島の問題は、日本の安全保障上、かつエネルギー問題に直結する国家の最重要課題のひとつである。
政府は、不当に領有権を主張する支那(中国)、台湾に対して煮え切らない態度を決め込んでいた。
そもそも、尖閣諸島は、国際法の手順を踏んで、正式に明治28年に領有を宣言した。また昭和15年まで、鰹節工場が操業されていて、島には200人ほどの日本人が生活を営んでいた。
勿論それまで、支那もそのほかの国もなんら領有権を主張することはなく、興味を示してもいない。しかし、昭和43年周辺海域で天然資源が発見されたとたん、領有権を主張しだしたのだ。なんの根拠もない。
戦後の日本は、自虐史観にとらわれ、支那や朝鮮などに遠慮して何もものも言えず、友好友好を繰り返すばかりの体たらくで、土下座外交などと揶揄もされてきた。日本の弱腰をいい事に、年々支那や朝鮮は言いたい放題やりたい放題であった。積もり積もったこの態度が己の首を絞めている事も気づかないのであろうか、政府よ。
いまや尖閣諸島は支那に占領されてもおかしくないほどの状態であった。
そんななか、このニュースが飛び込んできた訳だ。
石原都知事はえらい!いや本来の政治家のあり方を示した訳だ!国がやらないのなら、まず、東京都が所有する、さすれば、国もいずれは動かざるを得ないだろう。
日本は少しずつ良くなる。そう確信を持つに値するニュースである。

ちなみに、尖閣諸島や竹島周辺海域には、メタンハイドレートという、天然ガスの宝庫であり、これは、現在の主要石油産出国に埋蔵する石油と匹敵するくらいの埋蔵量があると言われている。この事実は世界のパワーバランスをひっくり返すほどの一大事で、資源小国日本という常識が覆り、日本は明治より資源問題に苦しみ、また、先の戦争も資源の問題が一因になって始まった戦争でもあった訳だ。その資源問題が一気に片付き、かつさらに資源輸出国ともなり、計り知れない事になる。技術大国日本がさらに資源大国になるとなると、これはもう、どの国も太刀打ちできないであろうことは想像に難くない。

であるからゆえに、支那は領有権を主張しているし、竹島だって、そうである。

メタンハイドレートはごく浅い海底にあり、海水に溢れ出ている場所さえあり、簡単に採掘できると言われている。
それをどうして開発採掘を始めないのか、これが問題である。結局、支那になにか言われるのが怖いのであり、また、石油利権者どもの強い圧力もあることも事実である。これらの既得権益を取り崩すこともまた安易でない。そのような数々の事柄を国民は一つ一つ知り、いい意味で取り壊して行ける政治家を我々は育て選ばないといけないのです。

尖閣諸島の今回のニュースをきっかけに、領土とはなんであるかということに思いを馳せるとともに、メタンハイドレートのことにも、話題が飛び火してきれたら、いいなぁと思うわけである。

そしてまた、石原都知事に激励と応援メールをしたいと思うのである。

平成24年4月20日 実吉
スポンサーサイト
2012-04-02

「日本は自衛戦争」マッカーサー証言 都立高教材に掲載


http://sankei.jp.msn.com/life/news/120330/edc12033008120003-n1.htm


平成24年3月30日の新聞に上記のような記事があった。
思わず、「お〜!やったー」と声を上げた。このマッカーサー証言こそが、日本に巣食う「東京裁判史観」を糾す、一級資料に他ならない。
この「マッカーサー証言」が日本国民一般の知識として広まれば、日本の自虐意識もだんだんと減り、戦前は悪であった、侵略戦争をしたという誤れる歴史認識も薄まって行くと信じる。最近の日本人はどうも、日本人の言う事は聞かないが、外国人の話はよく信じるようだ。皮肉だが。
何年も前からこの証言が広がればいいなぁと、願っていた、うれしい限りである。
どんな証言であるかは、記事を見れば概略はわかるが、証言をここに引用したい。


対訳 マッカーサー証言

Strategy Against Japan In World War II
第二次世界大戦における対日戦略

Senator Hickenlooper.
ヒッケンルーパー上院議員

Question No. 5: Isn't your proposal for sea and air blockade of Red China the same strategy by which Americans achieved victory over the Japanese in the Pacific?
5番目の質問です。赤色中国に関する海と空からの封鎖という貴官の提案は、太平洋において米国が日本に勝利を収めた際の戦略と同じではありませんか。

General MacArthur.
マッカーサー将軍

Yes, sir.
そうです。

In the Pacific we bypassed them.
太平洋では、米国は日本を迂回しました。

We closed in.
そして閉じ込めたのです。

You must understand that Japan had an enormous population of nearly 80 million people, crowded into 4 islands.
日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということをご理解いただく必要があります。

It was about half a farm population. The other half was engaged in industry.
そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。

Potentially the labor pool in Japan, both in quantity and quality, is as good as anything that I have ever known.
潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。

Some place down the line they have discovered what you might call the dignity of labor, that men are happier when they are working and constructing than when they are idling.
いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。

This enormous capacity for work meant that they had to have something to work on.
このように膨大な労働能力が存在するということは、彼らには、何か働くための対象が必要なことを意味しました。

They built the factories, they had the labor, but they didn't have the basic materials.
彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、基本資材を保有していませんでした。

There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。

They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack a great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。

They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan.
これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。

Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。



 上記のマッカーサー証言は、昭和26年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で行われた質疑応答の一部です。

安全保障上とは、つまり、自衛であったと、マッカーサーは認めていた訳です。のちにマッカーサーは東京裁判も誤りであったとも証言しています。
東京裁判は、マッカーサーが、勝手に、事後法を作って、一方的に日本を吊るし上げる為に行った裁判で、茶番であり、復讐劇であったと言われています。

「日本は悪くなかったのだ」という前提のもとで、学校の先生方はこの教材を使用し、高校生に教えて頂きたいものです。

しかし一昔前の日教組の教育も陰りが見えはじめた、正しい教育へと変わって行く事を切に願っている。
そして、この教材使用を決定した、東京都の教育委員会やその関係者に心から敬意を表し、お礼のメールを送ろうと思う。

平成24年4月2日 実吉
プロフィール

黎明教育者連盟

Author:黎明教育者連盟
黎明(れいめい)教育者連盟は皇室を敬い、伝統文化を守り、戦後の誤れる教育を正し、­日本の再興を子供の教育から目指す教育団体です。
小学生向けの「寺子屋」や、親子参加型の「親子寺子屋」「乳幼児寺子屋」などを中心に、絵画­教室、書道教室、礼法教室、着物教室、歴史講座、古事記勉強会、童謡・唱歌わらべ歌の­­­会、子育て相談などを運営しています。現代の興廃した教育環境の中で、自分の子供­にはどんな教育をしたらいいか、お悩みではありませんか。日本人として誇りの持てる人­生­を­お子様には歩んでほしいものです。どなたでも参加出来ます。ぜひお気軽にお問­い合わせ下さい。
http://reimei-kyoren.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ